武内直子先生を讃える回

2013.05.18 Saturday

落語の『宗珉の滝』という演目で
彫った虎が生きてるか死んでるか、
生きてる虎が彫れるようにがんばるんですが

武内直子の虎はまさしく生きた虎でありまして
よくこんなパワーみなぎる画面が描けるもんだと
その仕事に本当に嬉しくなってしまいます。


体温というんでしょーか、力を感じる好きなシーンがこれなんですが

 
美少女戦士セーラームーン14巻 66ページ


ここからの流れが本当に素晴らしくて
作品の中に引き込まれてしばらく帰って来れなくなっちゃう。
息もつかせない怒濤の展開がこの先どどどと続くのですよ。

14巻は好きなシーンが多すぎて大変です。
コミックス収録の際の加筆を鬼のようにこなされたみたいですが
線がノリノリなばかりか、はるかさんみちるさんせつなさんほたるちゃんの
4人のドラマが描きたいように描かれていて、
これを読むだけで読者は健康になります。



月刊連載でしか描く事の出来ないスピード感というものがありまして
それプラス武内直子の神業的な漫画の上手さ(視線がひっかかるところがないし
直子先生ご自身で表現に限界がある事を知ったと書かれてますけど
超越できそうなくらいの勢いを感じますね)
なんかいろいろでっかくなったセーラームーン世界への責任とかのしかかってて
それでも武内直子という戦士の自覚があって
読むとやっぱり
すっげー
すっげー
すっげー漫画だな!って改めて思います。



ああ、野暮な解説をしてしまったわっ
全然直子せんせーっぽくないわっ!

うさぴょーーーん
このうさぎはかわいい!けど死んじゃった
by岩佐屋の主人